Guten Morgen Kashiwa.

いいんじゃない。いいんじゃないの。

東海汽船のジェット船で伊豆大島へ往復3900円でいった話 3「波浮港と帰柏(完)」

ysrkotori.hateblo.jp

これの続きです。

お昼ごはんを食べた後にバスに乗り込み、元町港へ

f:id:ysrkotori:20180502183903j:plain

途中の桜並木がとても綺麗でした。

そして元町港でバスを乗り換えて波浮港へ向かいます。乗り換えで40分も待たされましたが、お土産屋さんを見たり、椿油の工場をのぞかせてもらったりしていたら、あっという間に時間が過ぎていきました。

途中、観光客の方の落とし物が車内で見つかり、それを大島バスの社員さんが取りに来るというちょっとしたハプニングがありました笑

そして、走ることおよそ30分。伊豆大島の南の波浮港に到着。

f:id:ysrkotori:20180502184029j:plain

奥に見える黄色いバスが乗ってきたバスです。大型の観光バスでしたが、路線バスとして運用されていました。ラッキー

波浮港はカルデラが沈水し、その丸みを帯びた地形により風の影響を受けにくい港なので、昔は風よけの港として繁栄した港で、多くの文人が訪れた港として有名です。

伊豆の踊子のモデルになった踊り子はこの波浮港にある港屋旅館の踊り子なのだそう。

f:id:ysrkotori:20180502184651j:plain

波浮港の裏路地をぶらぶら(と言っても200~300m程)

先述の通り、多くの文人が訪れたこの波浮港地域には「文学の道」が整備されており、文人達が通った(であろう)道を歩くことができます。

f:id:ysrkotori:20180502184803j:plain

f:id:ysrkotori:20180502185429j:plain

オオシマザクラCerasus speciosa (Koidz.) H.Ohba)を見ることができます。

f:id:ysrkotori:20180502185726j:plain

丘の上へ続く階段の途中にあるのがこの「旧港屋旅館」。「伊豆の踊子」の踊り子達のモデルとなった人物が在籍していた旅館。

そして、文学の道を進み、波浮港が見渡せる「見晴台」へ

途中からは普通の道でした

f:id:ysrkotori:20180502190217j:plain

ここからは波浮港が一望できます。絵になる素敵な光景。。にしても、こう見ると波浮港は、結構小さな港ですね。

港の端っこでは子供が泳いでいました。3月も終わりかけとは言えども、さすがに寒くないのかな?

波浮港からはまたバスに乗って元町港に帰ります。

途中で、地層断面図に立ち寄りました。

f:id:ysrkotori:20180502190529j:plain

この地層の1層1層がどういった層なのかというのは以下の論文が詳しいです。

www.jstage.jst.go.jp

そして、地層を見終わり、元町港へと向かいます。今回はお客さんは私一人、そして運転手のおじさんは結構おしゃべりな人で、噴火の時の話とか、隠れた名物とか、色々お話をしました。こういう地元の人とお話するのって凄く好き。

そして、終点の元町港の手前の元町南で下車。

今回は「明日葉丼」という新名物のどんぶりを食べるために、「どんどん亭」さんへ。

f:id:ysrkotori:20180502191118j:plain

濃い目の味付けの明日葉炒めとかき揚げの愛称が最高でした。

どんどん亭のご主人も気さくな方でこれまた色々お話をしました。宿のご主人や、バスで隣になったおばあさん、運転手さん、ここのご主人といい、伊豆大島の方は気さくに話しかけてくれる人が多い傾向があると思います。

 

満腹のおなかをさすりながら、温泉につかり、

f:id:ysrkotori:20180502192016j:plain

こってり濃厚な大島牛乳アイスをいただき、幸せ気分で就眠。。。

 

最終日

 

f:id:ysrkotori:20180502191844j:plain

この日は単純に柏へ帰るだけの日です。

この日も岡田港出航なので、元町港からバスに乗ります。

帰りの船は「セブンアイランド 虹」

f:id:ysrkotori:20180502192225j:plain

f:id:ysrkotori:20180502192439j:plain

波が高く、行きと比べると揺れる揺れる・・・

朝は寝坊をしてしまい、慌てていて朝ご飯を食べてる余裕がなかったので、岡田港で購入した「明日葉むすび」を頂く。

f:id:ysrkotori:20180502192410j:plain

3日連続で明日葉を食べていました笑

少し遅いご飯の後は、転寝をしてしまい、気が付くと、レインボーブリッジを横切るところでした。

f:id:ysrkotori:20180502192714j:plain

そして、定刻通り、東京・竹芝桟橋に到着

f:id:ysrkotori:20180502192829j:plain

お疲れ様でした。

3900円という値段に魅了されて決めた今回の伊豆大島旅行でしたが、帰るころにはすっかり伊豆大島と明日葉に魅了されていました笑