Guten Morgen Kashiwa.

いいんじゃない。いいんじゃないの。

乗継割引を使って帰省がてら熱海に行った話2

1の続きです。

ysrkotori.hateblo.jp


温泉の源泉を後にして、歩いてやってきたのは、熱海七湯の一つ、小沢の湯。
湯、といっても、温泉があるわけではなく、地熱を利用した天然の蒸し器があって、そこで、温泉卵を作る事ができる。

f:id:ysrkotori:20180518223915j:plain

卵は小沢の湯の前にあるお店で売ってので、そこで購入。3つ以上買うと、塩もオマケでつけてくれるので、便利。
f:id:ysrkotori:20180518191212j:plain
熱海で温泉卵を作る場合、この小沢の湯では
半熟卵は7分
ゆで卵は10分
との事。

f:id:ysrkotori:20180518191339j:plain

7分加熱したもの。塩でも美味しいけど、やっぱり、麺つゆでツルンといきたい、、、

そして、温泉卵の次にやってきたのは福島屋旅館。こちらは、昭和レトロが売りの歴史ある旅館なのですが、日帰りで温泉に入る事もできます。 その価格は何と400円。
しかも、源泉かけ流しという、、ただ、古い、というのが同時にデメリットでもありますが、、実際はいい意味での「古い」場所でした。

f:id:ysrkotori:20180518214448j:plain

f:id:ysrkotori:20180518214754j:plain
未だにこの、フジ医療器の初期型マッサージチェアが現役で使えるという、、、人生で初めてこのタイプのマッサージチェアを使った。(しかも無料)

源泉かけ流しの温泉も本当に気持ちよくて、リフレッシュ!

さて、お風呂に入った後は、腹ごしらえ!この時期は、生しらすが美味しい時期なのですが、他の魚も食べたかったので、欲張って全部入っている海鮮丼に。

f:id:ysrkotori:20180518215116j:plain

寿し忠
〒413-0013 静岡県熱海市銀座町7−11
0557-82-3222

回らない寿司屋の本格的海鮮丼、観光気分も相まって最高に美味しかった。

食後は海に向かう

https://goo.gl/maps/aSz3Lgh1cPM2

熱海銀座を通り抜け

f:id:ysrkotori:20180518220039j:plain

海岸にやってきた

f:id:ysrkotori:20180518220612j:plain
ゴールデンウィークも終わり、閑散期の熱海はガラガラ。一人旅のおっさん(私)が黄昏れていた。

海から熱海駅側(山側)を見る。
f:id:ysrkotori:20180518221101j:plain

さて、そろそろいい時間になってきたので、のんびりと熱海駅に戻るとする。

f:id:ysrkotori:20180518221406j:plain
途中で、温泉まんじゅうでおやつ。

そして、熱海駅に到着。

f:id:ysrkotori:20180518221640j:plain

さて、帰り道もエンジョイする。今回は、スーパービュー踊り子で品川まで行く。
通常、運賃の他に1700円の特急料金が必要だが、今回は、その1で記載した通り、乗継割引を使ったので、何と850円。同じ区間普通列車グリーン車よりも安い。

f:id:ysrkotori:20180518221832j:plain

因みに、スーパービュー踊り子では、座席指定する際はA席を取ることをおすすめする。何故なら、A席はオーシャンビューが楽しめるから。D席だと、途中から岩壁を、眺めるだけになってしまう。。。

f:id:ysrkotori:20180518222108j:plain
15時32分。スーパービュー踊り子が熱海に到着。
熱海15:33発 ⇛スーパービュー踊り子⇛ 品川16:41着 97.8km

f:id:ysrkotori:20180518222308j:plain

シートピッチは1000mm。「乗った時からそこは伊豆」をコンセプトとしているだけあって、なかなか快適。「降りるまでが伊豆」でもある。
この前の、東武の特急リバティと同じシートピッチであるが、座席がスライドし、より深く腰掛ける事ができて、こちらの方がより快適。

あっという間に品川に到着。

f:id:ysrkotori:20180518222649j:plain

こだまであれば39分で到着だが、あえて、スーパービュー踊り子で行くのも悪くないと思う。

スーパービュー踊り子 251系
快適度:85 / 100
気持ちよく眠りにつけます。

品川からは、ときわで、柏まで

f:id:ysrkotori:20180518222933j:plain

おつかれさまでした。

今回は、名古屋から熱海を経由して、乗継割引で帰るというぶらり途中下車の旅
他にもいろいろな経路が考えられるので、試していろいろな所に途中下車して観光をしてみようと思った次第。

まあ、もっぱら、修士課程に在籍してる今、この瞬間が人生の途中下車なのだが、、